起業相談は起業サポート会社が便利と岩松勇人が助言

>

補助金・助成金制度とは?

補助金と助成金について

補助金や助成金は、経済産業省、厚生労働省と云う国、または都道府県や市町村といった地方自治体が提供してくれる支援金です。
更に各財団や大手企業の補助金、助成金もあります。
共通しているのは、銀行等の借り入れと違い返済の必要がない事ですので、起業する者にとっては大変に嬉しい制度となります。
ただし、そう簡単に受け取れるものでもありません。
特に経済産業省の補助金は受給審査が厳しく、申請期間も短い為に中々の難関ですが、受給金額が大きいので受け取れた場合は起業のプラスになる事は間違いありません。
片や、厚生労働省の助成金は審査自体は厳しいものではなく、条件や要件が満たされていれば比較的簡単に支給されますし、いつでも申請できる様な仕組みです。
その代わり、支給額は少額です。
地方自治体は、起業支援として随時、補助金施策を行っている様ですので、常に要チェックでしょう。

起業時に狙い目の補助金・助成金

起業するに当たって狙い目の補助金は、まず中小企業庁(経産省系列)の「地域創造的起業補助金」だと言います。
これは新たに創業する起業家に、創業費用の一部を支援してくれる制度であり、日本経済の活性化を目的としています。
具体的な募集要領は中小企業庁の公式HPで確認して下さい。
次に「ものづくり補助金」と云うものがあります。
これは小規模事業者や中小企業が対象の補助金制度であり、試作品の開発や設備投資を通して新たなサービス等を生み出す事に対して支給されます。
ものづくり技術の推進で日本経済に寄与する事が目的です。
他にも各都道府県、市町村で産業振興、地域活性化等を目的に起業支援を行っている自治体が多数ありますので、自身の起業する地域で確認する事が大切です。
ただし注意事項として、これらの補助金等は全て後払いとなりますので、起業時の資本金とはまた別物と云う事を念頭に置いておく必要があります。


この記事をシェアする